ZrO2 ジルコニアセラミックスの精密加工

素材の持つ独特の光沢感
ZrO2(酸化ジルコニウム:ジルコニア)は、傷の入りにくさに加えて加工面の美しさが注目され、昨今では高級時計・高級カメラ等の外観を装飾する目的で利用が進んでいます。

困難な加工
 しかしながら大変硬い素材である故に加工方法が限られており現状では加工形状の自由度も高くはありません。
 弊社では、設立当初よりジルコニアをはじめとする各種ファインセラミックスを効率よく加工する新しい加工技術を導入し、3D CAD/CAMシステムとの連携で、非常に硬い焼成後のファインセラミックスに対して、従来では不可能であった複雑形状の精密加工を実現しております。

AREUSEの特徴

・型を使った射出成形法と違い、1個から製作可能です。
・完全焼結体を加工するので、加工後の変形がありません。
・マシニングセンタと同様3次元形状の加工が可能です。
・お客様の3次元モデリングデータをお預かりする、若しくは2次元の図面や、デザイン案からモデリング〜加工まで対応致します。

 
 
       
ジルコニア加工までの流れ
3次元モデル作成
加工データ作成&検討
製作例 : ジルコニア製 ブローチ
ブランク材サイズ □50×50×5t
使用工具 φ10 フラット メタルボンド砥石
  φ3 フラット メタルボンド砥石
  φ1 フラット メタルボンド砥石
3D CAD/CAM MastercamX2 Mill-L3(弊社にて超音波加工用にカスタマイズ)
完成
 
超音波マシニング加工
 
 
〒351-0104 埼玉県和光市南2−3−13−104 有限会社アリューズ